黒の鉄×無垢の木、という感性。

空間を引き締め強さやグレード感を与える黒は、古くから建築のプロにも愛されてきた。

たとえば黒い鉄のサッシが印象的な、歴史あるビルの一室。そこに無垢の木が組み合わされば、空間にやわらかな包容力がプラスされる。

森林で育まれた無垢の木は、材として切り出されてもなお、自然環境と仲がいい。

開口部から吹きわたる風や、コートヤードからの光がよく似合う。

そこに居る人の多様な暮らし方も受け止めてくれる。

新しいモノと古いモノの混在。ワークライフバランス。足りなければ足す、多ければ引く・・・・・・。

そうやって柔軟に、その時々の心地よさを生み出していける。そんな空間を夢見る人へ「黒の鉄×無垢の木」で形づくるキッチンここに誕生。

ミニマムだからこその豊かさ。

ステンレスと無垢の木の品質をあらわに、フレームや棚板など最小限のパーツで構成される黒いフレームのキッチン。

見せて並べるならと、調理道具にこだわってみたり。

使い勝手や気分によって、収納物のレイアウトを変えてみたり。

自分なりに使いこなす楽しみが生まれる。

開放的でありながら、調理に集中できるI型。

「これが私たちの暮らしです」と、あけっぴろげに語るような佇まい。

I型のキッチンは少々、の生活感が漂うくらいがサマになる。

動線も一直線になるので、ムダがなくシンプル。

壁に向かって落ち着いて調理しながら、背中で家族の気配が感じ取れる。

みんなが「食」を通じて交流を深めるP型。

ホームパーティ、なんて仰々しいものではなくて。

家族も来客もお構いなしに、みんなで作ってみんなで食べる、そんなざっくばらんな集いが似合うP型。

大人数の食器もどっさり仕舞える収納力がある。

何より、無垢の木の質感は誰の手にも心地よい。


こちらもご覧ください。