夢のLDKワイド超・空間。ワンズキューボが可能にします。

家づくりの「プロセス」が変わる。家づくりの常識が変わる。

独自の設計手法とJWOOD工法を活用して、木造軸組構造では困難とされていた「大空間」を実現。

さらにオリジナルの設計プロセス、施工プロセスを導入し、住まい方が変わります。まさに家づくりの革新です。

ワンズキューボの特徴。

木造軸組構造で、3間飛ばしの大空間を実現。

従来、木造軸組構造では困難とされていた「ワイドな超・空間」が、JWOOD金物工法により実現できます。

3間は5.46メートルです。一般的な木造住宅では2間が常識とされています。

地震に強い家づくり。「耐震等級3」の最高性能。

耐震等級は最高等級3の性能を担保

長い間、安心して暮らせる性能を身近にします。耐震等級3とは、住宅性能表示の「構造の安定」の中で、最高等級の性能の基準となります。


次世代型高性能住宅を実現。

ワンズキューボは耐震性だけではなく、省エネ、劣化対策、維持管理対策にも対応しています。

太陽光パネル配置にも考慮した、エコリッチな次世代型高性能住宅が実現できます。

住まい方が変わる。可能性が変わる。

木造住宅では実現不可能と諦めていたワイドスパンの家づくりが可能になることで、住まい方の可能性が大きく広がります。

20畳以上の内部に柱のない空間が実現することで、キッチンを中心にプランニングし、ホームパーティや料理教室、ホビールーム付きの2台並列ビルトインガレージ、世代を超えた繋がりの二世帯住宅、趣味を活かした店舗付き住宅など、世界でたったひとつの夢の住まいを実現して下さい。

ワンズキューボの秘密。

ハイスペック構造材JWOOD LVLと、基本ユニットによる革新的家づくり。

木造軸組構造では困難とされていた「ワイド・超・空間」が、JWOOD LVLの性能特性を活かし構造検討が施された構造体の基本ユニットを組み合わせるだけという簡単な仕組みで実現できます。

革新的な家づくり、ワンズキューボ。その秘密はここにあります。

秘密その1:ハイスペック構造材JWOOD LVLによる、3間ワイドスパンの実現。

家の骨格の基本となる構造躯体には、強度、寸法安定性、耐久性に優れたJWOOD LVLを採用。

木材の弱点を克服し、強みを増したハイスペック構造材と言えます。

80E・110E・140Eの3種類の強度のLVLを住宅の適材適所で緊結力に優れた専用金物と組み合わせることにより、大空間でも耐震性能を確保し超・空間を可能にします。


秘密その2:独自の設計手法に裏付けされた、「耐震等級3」を確保した構造躯体ユニット。

ワンズキューボの構造躯体ユニットは、91×91cmのグリッドをベースに、ワイドスパン設計、耐力壁配置設計、柱配置設計を考慮し「耐震等級3」をベースにあらかじめ構造計画が施されています。

意匠設計と構造設計を別々に行う従来の設計手法から脱却し、意匠設計と同時に構造設計が自動的に行われる革新的なプロセスを実現しました。

オリジナルBOXの配置設計

構造ユニットの組み合わせで、耐震等級3の高性能木造住宅が完成。

Step:1 敷地や建物の規模に合わせて、ベースユニットを配置します。

Step:2 敷地の拡張する部分にオプションユニットを配置します。


Step:3 構造ユニットでできたスケルトンに、部屋要素のインフィルユニットを配置します。

ユニットの配置は、設計CADシステム「ワンズプランナーCAD」を活用してスピーディに。

意匠設計から構造設計、そして外観や内観の提案が1台のCADシステムでスピーディに行えます。

大空間スケルトンの住まい方。

ライフスタイルや家族構成に合わせて住まい方を提案する、ワンズキューボ。さぁ、あなたのイメージをカタチにしてください。

従来、木造軸組構造では困難とされていた「ワイドな超・空間」が、JWOOD金物工法により実現できます。

3間は5.46メートルです。一般的な木造住宅では2間が常識とされています。

構造ユニットが創り出す変幻自在なスケルトン。

住まい方1 家族の触れ合いを愉しむ、開放的な超・空間の家。


住まい方2 趣味を暮らしの一部に。土間リビングのある家。

住まい方3 世代を超えた家族のつながり。二世帯ゆとりの家。

オリジナル施工システム。

ワンズキューボの革新的な施工プロセスが実現する、品質を高めながらのスピード施工と、ライフステージの変化への間取り対応。

ワンズキューボの家づくりは、大空間を「床・天井勝ち」スケルトン施工を行い、内部を「後間仕切りシステム」でインフィル施工を実現。

独自の施工プロセスで工期短縮のスピード施工を実現し、将来においてもライフステージの変化に合わせて容易な間取り変更を可能にしました。

床・天井勝ち施工。

反り・狂いが極めて少なく、強度に優れた天井野縁セットを井桁組みにして施工することで、大空間の天井勝ち施工が実現できます。

また、井桁組みの天井下地は、将来の間取り変更の際にも下地として機能します。省令準耐火構造の天井下地材の基準にも適合しています。

後間仕切りシステム。

床・天井勝ちスケルトン施工で作られた大空間に、プランに併せて間仕切り壁を施工します。

オリジナル形状のランナー材を床・天井面に固定し、縦部材を専用キャップトップで位置決めして固定する簡単スピード施工です。

後施工の間仕切りは、将来の間取り変更にも容易に対応できます。

こちらもご覧ください。